その他

モアエルグのフライトバックを購入してみた感想・レビュー


みなさん、こんにちは!


現在仕事で使っている会社で支給されていたフライトバックがかなり痛んできており、何か良いバックがないかな〜??とネットで見ていると、こんな商品が出てきました。





KEN
これ、完全にRIMOWAじゃん!

 

というわけで思わず楽天市場で購入してみたのでレビューしていきます!





商品の紹介の前に...


これまで使用していたフライトバックは会社支給の黒いバックで数年使用してかなりヘタっていました。

会社からは一度のみの支給で交換は不可能でしたので、個人での購入に至りました。


パイロットにバックを支給してくれるかどうかは会社によって異なります。


完全に個人で購入しなければならないところもあれば、会社支給してくれるところもあり、傷んできたら交換してくれる会社もあるとか。


私は以前からRIMOWAの『PILOT』というパイロットバックが欲しいと思っていたんですよね。

一部の海外のエアラインのパイロットは会社からこのRIMOWAのシルバーの『PILOT』が支給されるそうで、よくインスタの画像を見てこのバックをコロコロしながら歩いているパイロットを見て憧れていました。




しかしながら数年前に生産終了となってしまい、メルカリなどで中古を探すと10万円以上もして手が出しづらいな〜。。と思っていたのですが、最近になって楽天でこのバックを発見し、即購入したわけです。


モアエルグ・BOX型キャリーケースの紹介


今回、楽天で購入してから3日ほどで商品が到着しました。

まずはこのモアエルグ・BOX型キャリーケースのメリットをご紹介していきます。

デザインが美しい!


今回私はシルバーのSサイズを購入しました。
(今乗っている飛行機におけるサイズを考えSサイズにしました。)

実際に届いたのがこちら。


見た目は本当にRIMOWAそっくり!

綺麗にビニールに包装されて送られてきました。

KEN
かっこいい〜!!


多くのお客様が行き交う空港を制服姿の目立つ格好で歩くので、見た目がスタイリッシュなバックを持ち歩きたいですよね。



そして容量も大きすぎず、また小さすぎず、個人的にジャストなサイズでした。

フライトバックって人にもよりますがジャストなサイズだと愛着湧かなくなったりするんですよね。


仕事には必需品で長く使うものなので、このデザインとこのサイズは私にとって最高の商品となりました。





重量が軽い!


このバックすごく重量が軽いんです。


HPでのデータを見ると、Sサイズで3.2kg

一般的なフライトバックは約4.0kgぐらいあって物によっては4.0kg以上します。


最近ではペーパーレスでタブレットを携帯することが主流になったとはいえ、人によっては紙でデータを持ちたいパイロットの方もいらっしゃるかと思います。

そうなると紙データを収納するバックはどうしても重くなってしまうので、この軽さは本当に素晴らしいです。

フライトグッズを入れるには適切な容量!


バックの中を開けると、こんな感じ。

そして、自分がバックに入れているフライトグッズを収納するとこんな感じ。


KEN
ちょうど良いんです

 

バックの中の小物入れなどについてはこんな感じになります。


収納はハンドル側に小さい小物入れが2つ(幅約10cm)、逆方向に大きめの小物入れが1つ(幅約22cm)。


人によっては収納がもっと欲しい!という方がいると思います。

そんな時はこのような小物ケースを別途購入してバックに入れてもいいかもしれませんね。


4輪付きが嬉しい!


これまで使っていたバックにはフライトバックにくっつけるキャリーバーを使ってコロコロして移動していたのですが、それには2輪しかついていませんでした。


しかし、このバックには4輪ついているのでコンパクトに手軽に移動することができます。




タイヤも4つあると一つ一つに負担がないので長持ちしますね。



実は私は既にRIMOWAのスーツケースを持っていて、タイヤの質を比べてみたのですが、ほとんど同じ構造になっていました。

モアエルグの車輪
RIMOWAの車輪


見た目でしか判断はできませんが、大きな差は無いのではないでしょうか。


コスパが高い!


このRIMOWA風のパイロットバック、いくらすると思いますか?


楽天市場で検索するとSサイズで12,980円なんです。(Mサイズ:13,980円)


RIMOWAの『PILOT』は既に生産終了しているので比較できませんが、メルカリで検索すると、中古でかなり傷がついた物でも10万円は超えてきます。


そう考えると、10分の1の値段で新品が買えるこのバックはかなりコスパが高いです。


そして、今回初めてモアエルグという鞄屋さんを知ることになったのですが、創業100年の日本の老舗企業で3年間の修理保証がついてきます。

こういった安心できる保証があるのもいいですね。



ここがちょっと気になる...


さて、ここまではこのバックのメリットお伝えしましたが、もちろんデメリットもあります。

あくまでもRIMOWAではない


このバックはあくまでも本物のRIMOWAではありません。


RIMOWAのデザインによく似た商品であって、高品質のRIMOWAに比べてしまうとどうしても質感は落ちてしまいます。


どうしてもRIMOWAが欲しい!という方には向かないかと思います。

バックに収納がない状態で蓋を開けると倒れる


この商品の大きな欠点はここにあります。


バックに物を入れずに蓋を開けると、倒れちゃうんです。


蓋の重量が重たくて、頭でっかちになっているのでしょうか。


ですので、バックに物を入れていない状態、もしくはあまり物を入れていない時に蓋を全開するときは要注意です。


ハンドル(取っ手)の部分が若干強度が弱い?


まだ購入して間もないですが、ハンドルが自分が持っているRIMOWAに比べて細く強度が弱く感じました。

現時点では不具合は一切ないですが、これから使用を続けてみて様子を見てみたいと思います。



まとめ


今回このバックを購入してまだ実用期間は短いですが、現時点で大満足しています!


デメリットもいくつかご紹介しましたが、注意点をしっかり押さえていれば使用に全く支障はありません。


そして、RIMOWAのバック(フライトバックではなく、旅行用)を実際に使用している私の感想ですが、このようなアルミケースは移動時に必ず傷がつきます。


そして、場合によってはかなり大きな凹みも付きます。


これが10万円以上もするバックだったらどうでしょう。


バックだけでなく、心も大きく凹みます。


ちなみに私は某航空会社にRIMOWAのバックを預けたらこんな有様になってしまいました。



KEN
かなーりショックでしたよ、本当。。

 

高価なアイテムを持つことは仕事のパフォーマンスを上げる意味で良いかもしれませんが、こういった惨劇に遭うこともありますので、デザイン性や使い勝手に長けたこのバックはおすすめですよ!

 

KEN
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
下の『自分磨きランキング』のバナーをポチッとしていただけると凄く嬉しいです☆よろしくお願いします(^^)

自分磨きランキング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KEN

■エアラインパイロット
【経歴】大学中退▶︎自衛隊▶︎フリーター▶︎国内航空会社
【趣味,資格等】英語学習(英検2級),筋トレ(2022BBJ準グランプリ,3位)
■人生を変えるスキル&キャリアアップへの自己投資の発信。

-その他

© 2022 PILOT KENS LOG Powered by AFFINGER5