英語学習

なぜパイロットに英語が必要なのか

こんな方におすすめ

  • パイロットの仕事に興味がある方
  • これからパイロットを目指される方
  • 飛行機や航空業界に関心のある方

 

私は今、自分磨きの一環で英語学習に励んでいます。

具体的な目標として、航空英語能力証明・Level4取得とともに英検準一級取得を目指しているのですが、改めて英語を学習する意味について振り返ってみました。

今回はなぜパイロットに英語が必要なのか自分なりに考えて記事にしました。

 

英語が必要な5つの理由

パイロットに英語能力が必要だと思う理由はたくさんありますが、大きく分けて5つあります。

 

5つの理由

・採用要件に英語に関する資格が必要な会社が多いため

・海外で訓練する可能性もあり、マニュアルも基本的に英語で記載されているものが多いため

・飛行中の不測の事態に迅速に対処するため

・外国籍の乗務員と乗務することもあるため

・パイロットとして視野を広げるため

それぞれを説明していきます。

採用要件に英語に関する資格が必要な会社が多いため

航空会社の採用要件を調べると、国際線を運航する会社は当然のこと、国内線のみ運航している会社にも英語に関する資格が必要な場合があります。

英語に関する具体的な資格要件

・航空英語能力証明・Level4以上(国際線を運航する会社は必須)

・実用英語検定2級以上

・TOEICスコア600以上

国内線の会社でもこのような要件を掲げている理由は次の項目で説明しますが、入社後の訓練やチェックアウト後の乗務のことを考慮しているためです。

 

海外で訓練する可能性もあり、マニュアルは基本的に英語

2つ目の理由は訓練が始まってから英語を活用することがあるからです。

入社後の訓練は会社によってはシミュレーターが国内にないため、海外で訓練する可能性もあります。

また、基本的に飛行機のマニュアルは英語で記載されています。(日本語に訳しているテキストもあるようですが、根拠となるマニュアルは全て英語です。)

そういう点でも、英語のマニュアルを読解する能力も求められます。

飛行中の不測の事態に迅速に対処するため

3点目は乗務中では、英語を頻繁に使用する機会が多いからです。

実際の乗務で使用するチャートや各種資料、チェックリストなどは英語表記です。

また管制官と交信する際は、基本的に英語が使われます。

国内線で仮に非常事態の際や、母国語を使用した方が円滑かつ明確に意思の疎通が図られると判断される場合は日本語を使うこともありますが、国際線を運航する場合はそうはいきません。

非常事態など不測の事態が発生した場合は、自分の意図を正確に伝える語学力に加え、相手の指示を聞き取る聴解力も求められます。

このような観点から国際線を運航するパイロットには一定の言語能力を確保するために『航空英語能力証明(Level4以上)』が必要となります。

外国籍の乗務員と乗務することもあるため

4点目はチェックアウト後、機内で自分以外の乗員と英語をフルに活用する可能性もあるからです。

最近では国際線を運航する会社のみならず、国内線のみの航空会社も外国籍の乗員が所属しているケースが多く見られます。

3点目に挙げた管制官との英語のコミュニケーションは、基本的かつ専門的な管制用語が主に使用され、初期の飛行訓練のうちから慣れ親しんでいるので難しさを感じることはあまりないのですが、ブリーフィングルームやコクピットで外国籍の乗務員と会話をする時は本当に『英会話』です。

ですので、相手の意図を汲み取って確実なオペレーションする上で英語能力は非常に大切といえます。

この点は今まで挙げた理由の中で「英語を勉強しなければならない最も大きな理由」だと言えますね。

 

パイロットとしての視野を広げるため

最後は、パイロットとしての視野を広げるためです。

実際にエアラインに転職して気づいたことですが、航空機のシステムや航空法規など運航に関わる知識を学習するときは海外で出回っている資料がわかりやすい場合が多いように感じます。特にYoutubeでUPされてい海外の動画などは非常に理解しやすいです。

 

 

日本語だけでなく、英語を学ぶことによって情報量が格段に増加してさらに視野を広げることができるのだと最近になって感じていますね。

 

まとめ


以上のような理由からパイロットには英語が必要であって高度な英語能力は自分を助けます。

さらに、コロナ禍とはいえ世界的にパイロット不足は慢性化しており、将来さらに海外を舞台にキャリアアップを考える場合やコロナの影響で会社が経営不振となって飛べなくなった場合などに直面した場合に、英語は将来の選択肢を増やせるツールです。

また、英語は一朝一夕でマスターできるものではないのでコツコツと学んでいくべきだと思います。

 

KEN
私も英語は勉強中です。一緒に頑張りましょう!

仕事で使用するフレーズを英作文にして先生に見てもらっています!

スタディサプリ 新日常英会話 オンライン英会話コース

今すぐ申し込む

今なら7日間無料体験!

このような要領でブログ記事を公開しています!

英語日記を始めるなら、オンライン英会話を始めよう。

この記事はこんな方におすすめ オンライン英会話に興味のある方 英会話をどう学べば良いか悩んでいる方 英語学習が伸び悩んでいる方   KENみなさんこんにちは、KENです! 私は2021年3月からスタサ ...

続きを見る

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに登録しています。
クリック応援していただければ嬉しいです。

クリック応援お願いします!


自分磨きランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KEN

■エアラインパイロット
【経歴】大学中退▶︎自衛隊▶︎フリーター▶︎国内航空会社
【趣味,資格等】英語学習(英検2級),筋トレ(2022BBJ準グランプリ,3位)
■人生を変えるスキル&キャリアアップへの自己投資の発信。

-英語学習

© 2022 PILOT KENS LOG Powered by AFFINGER5