自分磨き

30代から始める自己投資で人生を切り拓こう!

こんな方におすすめ

  • 30代から新しいことにチャレンジしてみたい方
  • 30代から仕事や趣味を充実させたい方
  • 30代から転職や自分磨きで人生を切り拓きたい方
KEN
はじめまして!KENといいます。

 

現役パイロットが運営するブログ『PILOT KENS LOG』にお越しいただき、ありがとうございます。

 

私は30歳の時に始めた自分磨きのために自己投資をした結果、人生が大きく変化し夢や目標を次々と達成させることができました。

 

そんな私の人生経験を織り交ぜながら、30代で自分磨きをする理由や実践してよかったことなどをご紹介していきます。

 

なぜ30代からなのか

30代で自分磨きをするべき理由には以下の点が挙げられます。

ポイント

・お金と時間に余裕ができるから

・本当にやりたいことを見つけ出せる時期だから

・人生設計するのに適した年齢だから

・自分磨きにより転職を意識したときに採用の年齢基準に影響しにくいから

・社会人としてある程度を積んで人脈が形成されているから

KEN
ではそれぞれを説明していきます!

 

お金と時間に余裕ができるから

20代で社会人となって働き始めの頃は、仕事を覚えることで手一杯となることが多く、またプライベートでも職場の先輩後輩と一緒にオフを過ごしたり飲み会に参加したりでなかなか自分の時間が作れない傾向にあると思います。

 

KEN
私も自衛官として過ごした20代の頃はそのような状態でした。

 

特に20代前半の時は幼い頃からの夢だったパイロットになるために毎日が勝負の日でしたから、休日も勉強や鍛錬行事漬けでしたね。

 

自衛隊パイロットになってからは仕事を覚えるための勉強は当然のこと、オフの日も先輩から仕事の他にも楽しいプライベートの過ごし方も教えてもらうために一生懸命でした。(笑)

 

そんな仕事に一直線で突き進んできた20代が終わると、ある程度貯金もできて個人差もありますが出費も落ち着いてきます。

 

また、自分の周りも結婚する人も増えてきて交友関係も少しずつ少なくなるため自分の時間が増えていきます。

 

KEN
特に独身だと自分に使える時間がかなり増えましたね。


お金も時間も余裕ができる30代は自己投資をする最適のタイミングでしょう。

 

本当にやりたいことを見つけ出せる時期だから

20代のうちに様々な社会人経験を積むと、30歳を迎える頃にはいろいろなものが見えてきます。

おまけにお金や時間も20代に比べると余裕ができてきます。

私の場合は『この時期に何か形に残ることをしないと勿体無い!』という感情が湧くとともにやりたいことばかりでしたから、迷わず自分磨きに徹しましたね。

また、その時に尊敬できる先輩方が身近にいたというのも大きかったです。

『このような人になりたい』という自分にとっての道標があり、そうなるためにはどんな能力が必要か、そしてどのような努力をすべきかということも理解できました。

このように、落ち着いて物事を見極めることができるのも30代ならではだと思います。

 

人生設計するのに適した年齢だから

自分はどのような人生を歩んでいきたいのか、具体的な将来設計を計画する時期がやってきます。

私の場合がまさに30歳を過ぎた頃でした。

現状の自分のままで今の仕事をこれからもずっと続けていくべきか、真剣に考えてみると疑問が生じました。

 

このまま今の仕事を定年まで続けていくのか、自分の現状に満足しているのか、このままの人生で後悔しないのか。当時は様々な思いで眠れない日が続きました。

 

そして『新たな環境で自分が本当にやりたい仕事をしたい。そのためには今のままの自分ではダメだ。理想の人間となるように自分を変えていこう!』と心機一転して自分磨きに取り組みました。

それが30代前半の頃で、様々なことにチャレンジしてきた結果、精神的や体力的はもちろんのこと転職、幼い頃の夢だった仕事に就くことができました。

自分の経験から、30代での自分磨きは非常に適切なタイミングと言えます。

 

自分磨きをして転職を意識したときに採用の年齢基準に影響しにくいから

一概には言えませんが私が調べたところ、一般的に未経験転職で年齢制限が生じる年齢は30代半ばからと言われています。

それは企業側は即戦力の人材を求めていたり、そもそも経験不問の職種が少なかったりする場合が多いからです。

 

私は年齢的にはギリギリの30代前半で人生初めての転職を果たしました。

この一般的な制限に抵触しなかったのも、30歳の頃から人生設計をしていて自分磨きをしていたからです。

あの頃に自分を磨いていなければ転職は確実に達成できず、今の自分もなかったでしょう。

最近ではこの年齢制限も緩和されてきている傾向にありますが、それでも早いうちから意識改革をしてスキルを磨くことは大切です。

 

 

 

社会人としてある程度を積んで人脈が形成されているから

社会に出ると、老若男女幅広い人との出会いがあります。

学生時代の頃からの友達との関わりも深いものもありますが、社会に進出すると出会いの数は計り知れません。

 

前職の自衛隊では隊員数は大所帯なのは当然のこと、転勤が付き物なのでたくさんの方との関わりがあって色々な人を見てきました。

また、その当時はSNSが世間に流行り出した時期でもありWEBを通じてさらに多くの出会いがありました。

その中で自分の意識を変えるきっかけとなり、人生を変えてくれる人も現れることもあります。

 

私も今の自分があるのは決して自己研鑽だけでなく、周りの方々の支えがあったことも非常に大きいです。

周りの方々に感謝することは当然のこと、人脈の大切さを深くすることのできた30代を送ることができました。

そういった意味でも30代は出会いのタイミングが多くあり、また人との関わりやコミュニケーションを大切にする時期でしょう。

 

30代のうちにやっておくべきこと3選


私が30歳から始めた自分磨きを実践してきてやっておくべきことを3点ご紹介します。

貯金

まず、自分磨きをするためには少なからず資金が必要です。

 

もちろんお金をかけずにスキルを身につけることは可能ですし、工夫次第では無料で多くを学ぶこともできるかもしれませんが、お金をかけないと得られない資格や、より効率良く学ぶためには資金が必要になることもあります。

 

私もエアライン転職を志した時に高額なライセンスの取得が必須になりましたが、20代のうちからコツコツ貯めた貯金があったため金銭的に苦労することなく訓練に臨むことができて、ライセンス取得、そして最終的に転職することができました。

 

KEN
数百万かかるライセンスだったので、そこに大金を注ぎ込むことには不安でしたが...(笑)

 

そのためには無駄遣いをせず、いざという時に活用できるような貯金は必要と言えます。

健康管理

以前、コロナ禍前に中学時代の同窓会に参加したときにこんな話題がありました。

 

・このところ残業続きで家に帰る時間が遅いんだよね。睡眠時間も取れないし...

・運動不足で体重が激増してしまって..

・この前健康診断に行ったら、疾患が見つかって..

・とはいえ、酒はやめられないのよ〜。

・〆のラーメンもやめられないね〜。。

 

 

...というような健康に関する話が多く交わされました。

 

20代の頃にも何度か参加してきましたが、30歳を超えると健康に関する話題が増えることに気づきましたね。

 

常日頃から健康管理を心がけないと、状況によっては夢や目標を断念せざるを得なくなります。

 

人生を楽しく有意義に過ごすためには健康管理をはじめとする自分磨きは大切に感じました。

 

 

計画的な人生設計

私が30歳の時に最もやっていて良かったことは具体的な人生設計を計画していたことです。

これは手帳にこれから10年間でやるべきことをプランするもので、どの時期にどんなことを実践するのかおおまかな流れでプランしていきます。

そして10年というスパンは非常に長いのでその中で5年という中期、1年という短期で細分化して具体的に何をしていくか書いていきます。

また日記もできる限り綴るようにして、その日のプランした予定に対して実践できたか否かの結果も綴って反省していきました。

 

これが結果として功を奏することとなり、当初計画した将来設計もほぼ実践できましたね。

もちろん達成できなかったこともありますが、その点はこれからどの時期に計画してどの点までに達成すべきか修正をしながらプランしていきました。

ビジョンを明確して失敗があれば反省をして、必要なものを見極め取捨選択するという上でこの方法はベストなのだと思います。

 

 

また自分の人生を企業に見立てて、まるで自分が社長になった気分で人生設計することの楽しさを感じることができましたね。

KEN
私の手帳には30代後半で海外移住!と計画していましたが、それは無理でした(笑)

 

最近ではデジタル化が進んで手書きで日記を書くことは少なくなりましたが、今となって当時の手帳を見返すと感慨深いものがあります。

あの当時、夢を見出してがむしゃらで突き進んで自分磨きに取り組んだ姿を手帳を見返すと、「あの頃の自分に負けずに頑張ろう!」と思えてきます。

 

 

 

30代でやってきたことランキング・ベスト3


ここで最後に私が30代のうちにやってきた自分磨きから達成してきたことを少しだけ紹介します。

第3位 英検2級取得(英語学習の継続)

まず、第3位は『英検2級取得』です。

私は幼い頃から英語が苦手で学生時代の成績も英語が一番悪かったんです。

え、パイロットって仕事で英語を使うし語学堪能なんじゃないの?

 

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

KEN
んなことはないのであります!!(笑)

英語が苦手なパイロットもいます。

 

私は英検を受験するきっかけは、30歳を過ぎて転職を意識したときに航空会社のパイロット採用のHPを見ると『英検2級以上またはTOEICスコア600以上が望ましい』という記載が度々見られたからです。

エアラインによって訓練は海外で実施されるところもあり、またマニュアルについても基本的に英語なのでそれを踏まえると語学学習は必須だし、将来に必ず活きてくると思い英検を受験しました。

 

結果として、ギリギリでしたが一発で英検2級を取得することができました。

また、形として資格を得られただけでなく英語学習の習慣がつき、現在でもラジオ英会話や航空英語の勉強を続けています。

そして次は40歳までに英検準1級の取得を目指しています。

KEN
このブログで英語学習に関する記事もUPしていきます!
 


 

第2位 フィットネスコンテスト・準グランプリ受賞

これは自分にとって快挙でした。

私は30歳の時にまず初めに本格的に始めたのがフィットネスでした。

 

私は20代の頃、自衛隊では体力面での成績は常にビリに近いぐらいの下位クラスで運動が全くできない隊員でした。

持久走ではいつもほぼビリ、腕立て伏せも10回くらいでヒーヒー言うし、懸垂に関しては1回もできない。

そんな生活をするうちに、運動ができない悔しさが込み上げてきて「一度本気でボディメイクをしてみよう!」と一大決心したのがフィットネスをはじめたきっかけです。

また、その時期に仕事ができる尊敬する先輩との出会いがあってその方も仕事終わりに自主的にジョギングをしている姿を見て、

「仕事ができる人は運動もできるんだ」

「運動をきっかけに仕事もできて人生を変えられるかもしれない」

と確信しました。

その結果、ジョギングや筋トレが習慣になり今でも続ける結果となりました。

 

そして2021年、この実践してきたボディメイクを何かしらのカタチに残そうとフィットネスのコンテスト『ベストボディ・ジャパン』にチャレンジして、2022年に準グランプリを受賞しました。

 

あの運動ができなかった私がここまでのカラダを作ることができたとは自分でも驚いています。(笑)


 

第1位 転職&エアラインにて副操縦士発令

そして第1位は、人生初の転職を果たしてエアラインにて副操縦士に発令を受けたことです。

30歳を迎えて掲げた一番の目標は、自分が本当にやりたいことを見つけてその仕事に就くことでしたので、副操縦士として発令を受けた時は涙を流して喜びました。

安定した職業を離れてリスクを背負いながら夢に向かって突き進んだ結果が報われた瞬間は何事にも変え難いものでした。

 

30代で人生設計を立てていたおかげで人生が変わった

このように私は30歳の時に様々な経緯があって、意識改革から自分磨きに取り組んだのですが、本当に絶妙なタイミングでした。

 

また、30代からというのはあくまで個人的な意見で人生経験や環境によって個人差はあると思います。

 

それぞれの年代において人生設計を立てて自分磨き、自己投資を意識することで新たな人生を歩めるはずです。

 

私も次の年代での目標を入念に計画して有意義に過ごしていきます!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
ブログランキングに登録しています。
クリック応援していただければ嬉しいです。

クリック応援お願いします!


自分磨きランキング






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KEN

■エアラインパイロット
【経歴】大学中退▶︎自衛隊▶︎フリーター▶︎国内航空会社
【趣味,資格等】英語学習(英検2級),筋トレ(2022BBJ準グランプリ,3位)
■人生を変えるスキル&キャリアアップへの自己投資の発信。

-自分磨き

© 2022 PILOT KENS LOG Powered by AFFINGER5