フライト英会話 〜Say again English 〜

降下前の揺れの注意喚起のアナウンス 〜Say again English〜

この記事はこんな方におすすめ

  • 英語学習に取り組まれている航空業界の方
  • 航空業界に興味のある方
  • パイロットの仕事に興味のある方
KEN
皆さんこんにちは!KENです。

 

最近英語学習に励んでいますが、フライトの様々な場面で英語を使うシチュエーションがあります。

また英語を使わざるを得ないシチュエーションにも遭遇します..(泣)

そして英語学習をしていくうちに、

これって英語で何て言うんだろう?

 

と、疑問を抱くようになりました。

また仕事の中で外国人の方と話す時に聞き取れないことも多く、何度も聞き返して理解してどう返事すれば良いか考えることがあったので、この記事のコーナーを『Say again English』として自分の勉強したことをアウトプットしていきます。

これからパイロットの仕事の中で遭遇したシチュエーションで使われる英語についても英作文を記事にしていきます。

まだまだ英語学習の過程の中なので、もし間違えがありましたら、コメント欄やお問合せフォームからご指摘していただけると嬉しいです。

 

エピソードの前に私の英語レベルと記事の作成の流れを紹介

私の英語レベル

・英検2級保有(英検準1級取得を目指して学習中)
・簡単な日常英会話ができる程度
・オンライン英会話を継続学習

この記事作成の簡単な流れ

 

  • 日常のフライトで使う言葉をピックアップ
  • 英作文を書く
  • オンライン英会話の先生に添削してもらう
  • ブログで紹介

このような要領でブログを作成しています!

英語日記を始めるなら、オンライン英会話を始めよう。

この記事はこんな方におすすめ オンライン英会話に興味のある方 英会話をどう学べば良いか悩んでいる方 英語学習が伸び悩んでいる方   KENみなさんこんにちは、KENです! 私は2021年3月からスタサ ...

続きを見る

スタディサプリ 新日常英会話 オンライン英会話コース

今すぐ申し込む

今なら7日間無料体験!

 

降下前にお客様に揺れの注意喚起を促すアナウンス

先日のフライトで降下前の約10分前くらいに地上スタッフからの情報が送られてきて、降下中の特定の高度域においてやや強めの揺れがあったという情報がきました。

その際はパイロットは降下中のその特定の高度帯を通過する前後にシートベルトサインを点灯してお客様の安全を確保します。

 

この時に機長がサラッと日本語でアナウンスしていたのですが、ここでふと思いました。

これ、英語サラッと言えたらかっこいいな!

 

ということで、このアナウンスの英作文をオンライン英会話の先生に添削してもらいました。

 

オンライン英会話の先生の添削

文章をクリックすると英文が出てきます!

・ご搭乗の皆様、機長のKENです。

( Everybody / Everyone ), this is the Captain KEN speaking.

・当機は間も無くヒースロー空港に向けて降下いたしますが

We will be descending to Heathrow shortly.

参考

KEN
「間も無く」ってなんて言うの?

副詞の”soon"" shortly" や、"in a short time" が一般的に使われます。

<例>

We will soon be arriving at Shibuya. 「間も無く品川に到着します。」

We will arrive in Sendai in a( short time / shortly ).

 

・本日は降下中に気流の悪いところを通過するため

Today, we expect some ( light / moderate ) turbulence during descent.

・あと10分ほどしますと一時的にシートベルトを点灯いたします。

In about ten minutes, the seatbelts will be temporarily turned on.

参考

KEN
「あと10分ほどしますと」ってなんて言うんだ?

”In about ten minutes”が使われます。

「in +期間」で、「いまからある期間が過ぎた時点で」を表しています。この場合も”10分後に”を表しており、”about”をつけることにより、大体の時間を表しています。

<例>

I need ten minutes to start jogging.  「ジョギングするのに10分ほど必要だ。」


文法理解

『will be +過去分詞』は”未来の受動態「〜されるだろう」を表します。

今回の”will be turned on"は『be+過去分詞』で「〜される」という受動態に未来を表す助動詞”will”が加わり、「(シートベルトサイン)を点灯されるでしょう→点灯します」となります。


・揺れましても飛行の安全性には影響ございません。

This turbulence will not affect the safety of our flight. Thank you.

 

KEN
次に揺れた時は絶対使えるように練習しておこっと!

 

過去のブログ記事に揺れに関するアナウンスをまとめています。

機内アナウンス18 乱気流中の飛行<予想できる揺れ> 2021.10.9(SAT)

ポイント 飛行機には気象レーダーが搭載されており、自機と雨雲の位置関係により、今から約何分後に揺れるのか把握することができます。 ご搭乗の皆様、機長のKENです。 ( Everybody / Ever ...

続きを見る

機内アナウンス17 乱気流中の飛行<突然の揺れ> 2021.10.8(FRI)

KEN今回は乱気流中の飛行についてのアナウンスについてご紹介します。 ポイント パイロットは快適性を考慮して常に揺れない高度を選定していますが、状況によりやむを得ず気流の悪い高度を飛行することがしばし ...

続きを見る

KEN
最後までご覧いただきありがとうございます。下の『自分磨きランキング』のバナーをポチッと押していただくと嬉しいです!よろしくお願いします(^^)

この記事はスタディサプリで学んだことを基に日常のフライトでの会話等を例文にして作成しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KEN

■エアラインパイロット
【経歴】大学中退▶︎自衛隊▶︎フリーター▶︎国内航空会社
【趣味,資格等】英語学習(英検2級),筋トレ(2022BBJ準グランプリ,3位)
■人生を変えるスキル&キャリアアップへの自己投資の発信。

-フライト英会話 〜Say again English 〜

© 2022 PILOT KENS LOG Powered by AFFINGER5